ハチャメチャだけど、君が好き!!!

毎日ハチャメチャが押し寄せてくるので、泣いたり笑ったり怒ったりしている母の日常。 それでも我が子をこよなく愛している!そんな絵日記です。

2019年02月

こんにちは!現在の息子のきっくんは2歳になりたて。毎日奮闘しています。今回はそんなきっくんが産まれる前の、妊娠初期(悪阻真っ最中)のお話についてゼクシィBabyさんにて描かせていただきました。ゼクシィBaby「運転中なのにつわりで吐きそう!!ど、ど、どうする!? ... 続きを読む

こんにちは!

現在の息子のきっくんは2歳になりたて。毎日奮闘しています。
今回はそんなきっくんが産まれる前の、妊娠初期(悪阻真っ最中)のお話についてゼクシィBabyさんにて描かせていただきました。

ゼクシィBaby

「運転中なのにつわりで吐きそう!!ど、ど、どうする!?過去の自分を猛省。」

休みたくても休めない「悪阻」

私の悪阻は、妊娠4カ月頃から一か月程続きました。
そしてこの時期、まだ会社勤めだった私は妊娠したことだけでも罪悪感があり(ほかの方に迷惑がかかってしまうと思った)、「休む」ということができずにいました。

毎朝「今日だけは会社行けない」と思いながら起きるものの、朝ごはんを無理にでも食べると「今日は行けるかも!」と意欲がわくんです。

そう、「食べ悪阻」の典型的な傾向。

食べれば一時的に気持ち悪さが落ち着くという。

そして車に乗ってすぐ後悔をするんですよね。

 

運転中は様々な臭い(危険)と隣り合わせ!?

臭い悪阻もひどかったので、とにかく外出しても吐き気の毎日でした。

今でもつらかったなと思うことは、猛暑だったということ。

猛暑で車のエアコンをかけようにも、エアコン独特のカビ臭さみたいなのが(普段だったら気にもしない程度なのに)悪阻真っ最中のあの時はめちゃくちゃ辛かった。

で窓を開けてみたら、今度は排気ガスだの前の人のタバコだの。

タバコの煙には正直心から恨みました。

吸うのは自由だけど、なんで外に煙まき散らすのでしょうか。

そして…

 

この続きは、良かったらこちらから↓↓↓
ゼクシィBaby

「運転中なのにつわりで吐きそう!!ど、ど、どうする!?過去の自分を猛省。」

 

 

つわりのつらさ

私の場合、一日苦しんだ陣痛よりも、一カ月以上続いた悪阻のほうがもぅ二度と味わいたくない思い出です。

そう振り返ってみると、過去の自分に「そこまで無理しないで休憩しなよ…」と声をかけてあげたいです。

たしかに休めないという気持ちはわかる。

でもあんな危険な行動するならほかに休むとか車停めるとかさ…と、思わず反省してしまいます。

 

もし妊娠中、または悪阻真っ最中の方がいましたら是非記事を最後まで見てほしいなと思います!

 

こんにちは、ねここあんな。です! わが愛息子のきっくんはもう2歳。息子が産まれてからこの2年、私たちは確実に変わっていったなぁと実感しています。 今回はそんな「家族のカタチ」がどう変化していったのかについて描きました。■産後の乳腺炎がつらかったころ最初のころ ... 続きを読む

こんにちは、ねここあんな。です!

わが愛息子のきっくんはもう2歳。息子が産まれてからこの2年、私たちは確実に変わっていったなぁと実感しています。

今回はそんな「家族のカタチ」がどう変化していったのかについて描きました。

■産後の乳腺炎がつらかったころ

最初のころはとにかく夜泣き、睡眠不足、乳腺炎、初めての育児での戸惑い、などなど…とにかくしんどかったです!

とくに乳腺炎には何度もなり、高熱と痛みで苦しみました。

この「乳腺炎」というピンチが、私たちの「家族のカタチ」に変化をもたらしたのです。

めそめそして、完全に察してちゃんでした!!

しかし何度か乳腺炎になるうちに…

 

 

と気づいたんです。

 

母として大事なことは?

察してほしいという私のエゴよりも大事なこととは?

続きはこちらから↓↓↓

察してちゃんはもうやめた! 乳腺炎により変化した家族のカタチ【息子愛が止まらない!! 第6話】

ウーマンエキサイトのサイトの記事更新いたしました!

誕生日でも「察してちゃん」だったメンドクサイ自分…

いやでも心当たりある方、きっといるんじゃないでしょーか。

そんな過去の自分と変化した家族のカタチ、良かったら見てくださいね。

よろしくお願いします~!

 

最後に

男性は説明しないとわからないという言葉を聞いたことはありませんか?

でも考えようによっては、「説明すればわかってくれる」というわかりやすい存在でもあるんですよね。

言葉って大事。ですね。

 

ではまた!

よかったらポチっとしてくれたら嬉しいです!↓

 

おひさしぶりです。なかなか更新できず申し訳ありません!出産レポの続きです!!↓前回出産レポ① 出産レポ②前回までのあらすじ子宮口の開口が2センチだったため、お医者さんからあと一週間で出産を予想されるもまるで産まれる気配なし。ということで「カレーを食べたら産 ... 続きを読む

おひさしぶりです。

なかなか更新できず申し訳ありません!

出産レポの続きです!!

↓前回

出産レポ①

 

出産レポ②

前回までのあらすじ

子宮口の開口が2センチだったため、お医者さんからあと一週間で出産を予想されるもまるで産まれる気配なし。

ということで「カレーを食べたら産まれる説」を真に受けて、さっそく作って食べてみるものの…

 

 

 

もともと残したものを捨てるというのが嫌いな私。

とはいえ「夫にとってはアウト」なにおいだったそう。

「私にとってはセーフ」だったんですけどね。

 

 

…翌朝6時半ごろ

 

この時眠さの方が勝っていて、正直何分刻みで痛みが来ているのか考えてもいませんでした。

でもふつうにカレーにあたったんだと思って、再び眠りにつくも、10分ぐらいで痛みがやってくる。

 

 

ようやく「これって陣痛!?」という気持ちに。

 

身体ってすごいですよね。

本当に10分経つと定期的に痛みがやってくるんですから。

 

とりあえず7時ごろに寝床から起き上がり、病院に連絡しました。

 

 

この時の私はまさに、戦に行く武士!

お腹が空いては戦はできぬとは、こういう時に使うのか!と言わんばかりに、朝飯をシッカリ平らげました。

 

 

…ていうか夫~~~~~!!!!

私も「あれ?一緒に今日過ごすんじゃないの?会社行っちゃうかんじ?」と疑問に思いながらも、

正直パニックであまり引き留めようとも思いませんでした。

ちなみに夫の仕事場は、病院は1時間はするので、「何かあったらどうするんだ」と今になって思います。

 

ただ夫も私も、陣痛が来たら24時間ぐらい赤ちゃんは産まれてこない?と勘違いしていました。

私は色んなところで情報を見てきたから知識としては「場合によっては陣痛から2時間ぐらいで赤ちゃんは産まれる人もいる」と知っていましたが、「自分に限ってそんなことはない」という漠然とした自信(?)があったわけです。

知らないって怖いですよね。。

 

何より前日に痛みかけのカレーを食べてしまったせいもあり、病院で診てもらって違うかも…という可能性がぬぐえませんでした。

ということで朝8時に夫を見送り、入院の準備(もう一度確認)などをして9時からの診察に間に合うようにタクシーの手配しました。

この時の心境

この時の心境は、結構ハイでした。

イベントのようでワクワクしていたのを覚えています。

痛みも「この程度なら全然いけるなぁ~」という腹痛程度でした。

これでカレーによる腹痛だったらどうしよう…という不安を抱えて。

 

次回は病院に着いてから。

さてこの腹痛はカレーか、はたまた陣痛だったのか?(笑)

 

 おこぼれ話

私、妊娠中期に焼き肉を食べすぎて腹痛を起こしたことがあるんです。

夫の職場の上司さんと初めてお食事をしたのですが、「二人分、どんどん食べてね!」と勧められるがまま食べてしまって…。

その晩たまたま実家に泊まっており、あまりの痛みでトイレにこもる私を見かねて「陣痛だったらどうしよう」と実家の家族が救急車を呼んでしまったんです…。

しかもその頃便秘だった私はお腹を下すこともできないために、陣痛との違いが分からず、一大事なのかもと本気で思って泣きました。

 

…ついには、まぁ病院で休んでいるうちに体調が戻り良くなったわけです。

本当にご迷惑をおかけしました。涙

 

申し訳ないことに、私の祖母に夫は「どうして焼き肉なんていっぱい食べさせたんだ」と怒られたそうです。

勧められるがまま食べた私が完全に悪いのに…夫よ、ゴメン。

そして心配させた皆さんや救急車の人やお医者さんに心から申し訳なかったなぁという思いでいっぱいになりました。

なんせ妊娠中期だったこともあり(たしか予定日の3か月前)受け入れてくれる病院がなかなか見つからず、救急車の中でだいぶ待ったんですよね。

 

カレーのこともそうですが、妊娠中は食べすぎたり食べなれていないものや怪しいと思えるものを食べるのは控えましょう!

(妊娠中じゃなくてもそんなん食べねーよって人がほとんどかもしれませんが)

 

 

食い意地ってこわいですね。

 

 

以上出産レポ②おこぼれ話でした!

 

続きも更新しましたら是非見てってくださいね!

 

パートナーの良いところってどこですか?この記事を書いている最中、まさかの夫にイライラしてます。ねここあんな。です!久しぶりに元気いっぱいのきっくんに一日くたくたになり、さらには気の遣えない夫の言動に私は爆発寸前です…。穏やかじゃない空気漂っています。   ... 続きを読む

パートナーの良いところってどこですか?

この記事を書いている最中、まさかの夫にイライラしてます。

ねここあんな。です!

久しぶりに元気いっぱいのきっくんに一日くたくたになり、さらには気の遣えない夫の言動に私は爆発寸前です…。

穏やかじゃない空気漂っています。

 

 

 

…あ。何の話でしたっけ!?

 

そうそう!夫の良いところね!!

失礼しました。

 

はぁ(ためいき)

毎度見失いそうになる夫の良いところですが、こうやって絵でまとめるとなんだかとても良い人のような気がしますね!(笑)

私の話聞いてくれないけどね!
今日一日辛かった話をする私>ゲーム
な夫が本当に許せなくて、本気で旅に出たいとか思ってます☆
ちなみに記事の中でも
こんなふうに昔話のように書いています。
が、今も割とよくあるんですけどね。
最近では私が争いたくなくて、静かに怒りを抑え込んでいます。
あ、また話が脱線してしまいました。
失礼しました。
せっかくなので告知です。
ウーマンエキサイトさんにて「パートナーの良いところ」
ゆる~いモチベーションで見てくださると嬉しいです。
コメントくだされば、必ず読みますよ~!

最後に

男も仕事をしてきてるのはわかるんだよ、

でも精神的に追い詰められるような日が年に何回あったのかな?!

と意地悪な私は心で叫ぶのでした。

いつか今日みたいな日も笑って過ごしたいです…。

 

こんにちは! ねここあんな。です! インスタの方で以前描いた「出産レポ」をまとめようと思います。長らく続きを書いてなかったので、以前までの内容忘れちゃったよって方もたくさんいると思って(というか私もその一人) こちらで投稿順にまとめつつ、その時の心境とかも付 ... 続きを読む

こんにちは!
ねここあんな。です!
インスタの方で以前描いた「出産レポ」をまとめようと思います。

長らく続きを書いてなかったので、以前までの内容忘れちゃったよって方もたくさんいると思って(というか私もその一人)
こちらで投稿順にまとめつつ、その時の心境とかも付け加える予定です。

おこぼれ話もあります☆

それと過去のがまとめ終わったら、続きを載せますね!!

インスタで見れるやんって感じですが、後々そのほうが見やすいので…。

出産レポ①

これ2018年3月28日に投稿したものなんです。(出産自体は息子の誕生日2017年2月23日)

画風とか微妙に(というか、まるで)違うかもしれませんが、あたたかい目で見てくださると嬉しいです。

てか本日2019年2月5日ですよ。

平成終わっちゃうよ。
いやいやいやいくらなんでも描き終わってろって感じですよね。

平成のうちには出産まで描きます。
じゃないと「出産レポ」とは言えませんよね。。

 

 

ちなみにこの診察後に「歩くと産まれる説」を真に受けて3㎞ぐらい夫婦で歩きました。歩きすぎました。(※無理は禁物です!)

でも考えてみたらあれが夫婦でゆったり喋りながら歩けた思い出のウォーキングだったのかと思い、しみじみと良い時間だったなと思います。

 

早く会いたいような、でも初産だから恐怖もあってまだ先でもいいような…

というかもはやこのまま産まれてこないんじゃないかという気持ちにさえなり、不安はどんどん募る。そんな2月でした。

 

子宮開口ってなに?

せっかく文字もたくさん書けるブログなので、出産を控えている方へ少しでもお伝えできる情報があった方がいいかな?と思い予備知識的なものも残しておきますね。

最初にお医者さんから言われた「子宮口開口」についてお話ししたいと思います。

まず「子宮口」とは最初はぴったりと閉じているんですが、赤ちゃんの進行にともない徐々に開いてくるんです。

え?どこ??ってかんじですよね?
簡単に言えば奥の方です。

最終的には全開大となり、子宮口は柔らかく伸びます。その開き方は次の3段階に分類されます。(これが子宮口開口)

  • 第1期(開口期:0~3cm)←出産レポ①の段階ではここ
  • 第2期(娩出期:4~7cm)
  • 第3期(後産期:8~10cm)←産まれるよー!!

これについて詳しくはママリさんのサイト「出産時に子宮口はどれだけ開く?」
良かったらこちらを見てみてくださいね。

どうやってわかるの?

お医者さんが触診してくれるんです。

が、妊娠後期にもなるとずっと赤ちゃんの様子を見るのがエコーだったし予備知識もなかったので…この触診には驚きました。

私の場合だけなのかな?

めちゃくちゃ痛かったうえに、出血しました。(出血したことはお医者さんも把握しているので、赤ちゃんが危険とか言うわけではない、微量の出血)

正直出産よりもこの触診のほうが嫌でした。

なんかすっごいぞんざいに扱われた感もあるし、予備知識もなかったから油断していたってのもあってショックというか恐怖?が大きかったのを覚えています…。

でも調べるとお医者さんのやり方によるみたいなので、運が悪かったのかもしれませんね。

 

最後に

出産を控えてる方が見てくれた時に、参考になることが少しでもあれば~というノリで仕上げましたが「なんか怖がらせただけ」になっていたらごめんなさい。

出産を終えた方も見てくださっているとしたら聞きたい。
出産前の触診痛かったですよね!?

なんかすごい皮膚広げられたし、なんかが入ってきて、それはもう恐怖だったし!!

とにかく痛かったし!!!

余談ですが、こういう小さな(私にとっては小さくないけど)苦労とかも男性陣に知ってもらいたいとか思っちゃいます。

保健体育で、こういう授業を取り入れてもいいんじゃないかなぁっていつも思います。

ではでは、続きます!
良かったら最後までお付き合いくださいね!

 

参考】ママリさんのサイト「出産時に子宮口はどれだけ開く?」

 

 

こんにちは! ブログ見に来てくださりありがとうございます! ここでは現在やらせていただいている連載の告知もしていこうと思っています。イヤイヤ期?ここ最近はイヤイヤ期が加速していき、お互い意地の張り合いのようにイライラする場面が増えてきました。 今回はそんなイ ... 続きを読む

こんにちは!
ブログ見に来てくださりありがとうございます!
ここでは現在やらせていただいている連載の告知もしていこうと思っています。

イヤイヤ期?

ここ最近はイヤイヤ期が加速していき、お互い意地の張り合いのようにイライラする場面が増えてきました。

今回はそんなイライラが爆発し、「鬼」と化した出来事について描かせていただきました。

■食べない息子が悩ましい

わが家の愛息きっくんは、あまり食の関心がなく、しかも結構神経質なタイプなんです。

例えば食べたことないものは絶対に口に入れないし、隠して食べさせれば口の中に入れたものを全部出してしまうんです。

昨日食べてくれたものが今日ダメになったり、ちょっとでも食べたこと無いものや野菜類が入っていたら全部出す…(涙)。

少しでも偏った食生活を整えようとあれこれ気に入ってもらえるものを作るのですが、どれもこれも拒絶されるとさすがに私も我慢できず…

い声を荒げてしまいました。

今こうして冷静になってみると、小さいことなんですよね。

でもそのときは、いろんな感情が混在して爆発してしまったんです。

残念なことに「偏った食生活じゃ心配」という気持ちよりも「なんで食べてくれないの~もぉぉぉ」という感情的なものの方が強かったと思います。

身勝手な理由で怒ってしまったことや、大声で威圧する自分はまるで鬼のようでした。

そして私が行きついた“鬼との付き合い方”とは?

良かったら見に行ってもらえると嬉しいです…!
↓↓↓
「私の中の鬼」との付き合い方byウーマンエキサイト

 

■旦那にも鬼出現!?

たまに夫が私と代わってご飯をあげた時に限って、息子はお利口さんに食べたりするんです。

正直悔しくて、悲しくて、もっと夫が困ったりイライラしてくれたら救われるのに…なんて意地悪な考えさえ持っていました。

こちらも「私の中の鬼」との付き合い方に掲載してあります。

心ゆがんでるなぁ~って自覚あるんですけど、どうしても悔しいんですよね…。

いつぞやか言われたセリフ「イライラしてるのが伝わるんだよ♪」という言葉はさすがにカチンときましたが、本当のことかもしれないから何も言えない。

 

最後に

子育てを笑顔でし続ける、そんなお母さんにになりたいと思っていたけれど、誰しも「鬼」にならざる負えない瞬間が来ますよね。

でも最初から「時には鬼にはなるもの」という気持ちでいたほうが、楽なのかなぁなんて思ったりします。

そして子育てって答えがないからこそ、自分の感情とうまく付き合うのが大切なのかもしれません。

さて今日は節分の日です!
自分の中にある、鬼はぁ~外!福はぁ~うち!
明日から、気持ちも明るくしていきたいですね!

 

 

×